結膜炎

結膜炎とは

結膜炎とは細菌やウイルスによる感染やアレルギーなどが原因で眼の結膜に起こる炎症の総称です。目の充血、目やに、ゴロゴロ感などが症状として現れます。

結膜炎の種類

結膜炎にはアレルギー性の結膜炎、流行性角結膜炎、咽頭結膜炎、クラミジア結膜炎、細菌性結膜炎、春季カタルなど様々な種類があります。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、アレルギー反応により目の充血やかゆみが起こる病気で、春先に多い花粉症もアレルギー性結膜炎のひとつです。異物が体内に入り込もうとすると、それを察知して排除しようとする免疫機能が過剰に反応することでアレルギーは起こります。アレルギーの原因は花粉やカビ、ダニ、ペットの毛、チリ、フケ、特定の食べ物など様々です。

ウイルス性結膜炎

ウイルスの感染で起こる結膜炎は「はやり目」と呼ばれ、感染力がとても強いので周りの人たちに移さないよう注意が必要です。 この結膜炎は夏場によく流行します。 

春季カタル

アレルギー性結膜炎の重症型で、結膜の増殖性変化が特徴です。結膜だけでなく角膜にも炎症や潰瘍が起きることがあります。小学校低学年から中学生くらいまでの男児、特にアトピー性皮膚炎や喘息を持っている人に発症することが多いです。