眼精疲労

眼精疲労の症状

眼精疲労(がんせいひろう)とは、目の奥が痛む、チカチカする、目がかすむ、目が乾く、ものが見えにくくなるなどの症状やそれに伴う後頭部の痛みや肩こり、頭重感、嘔吐などの症状が起こります。通常の眼疲労(疲れ目)と異なり、睡眠で回復することのない重篤な状態のことを眼精疲労と呼びます。

眼精疲労の原因

眼精疲労は以下のような原因で発生します。パソコンやスマートフォンなどVDTの長時間使用、度の合わない眼鏡の長時間使用、斜視など目の位置異常、屈折の異常(遠視・近視・乱視)、老眼初期での無理な近業作業、眼瞼下垂、ドライアイ・白内障・緑内障などの眼の病気、その他、全身の病気、心の病気、環境など眼精疲労の原因は多岐にわたります。

VDT症候群

パソコンやスマートフォン、タブレット、テレビなどのディスプレイ画面のことをVDT(Visual Display Terminal)といい、VDTを長時間使用した作業により眼精疲労が生じることをVDT症候群と呼びます。