VDT健診(予約制)

VDT症候群とは

VDTとは、Visual Display Terminalsの略で、パソコン画面などの画像表示端末のことです。VDT作業とは一般的にはパソコンを扱う仕事の事を指しますが、最近は仕事だけでなく、スマートフォンやタブレットの普及により、日常生活においてもVDTに接する時間が増えています。そしてVDT作業をすることによって起こる様々な症状を「VDT症候群」といいます。
VDT作業自体は作業環境を整えて正しく行なえば、身体障害を起こすものではありません。
しかし、長時間のVDT作業や好ましくない環境下での作業は、疲労が溜まり健康を損なう原因にもなります。

​主な症状

​目の症状

目が疲れる 

目が重い

目の奥が痛い

目が乾く

目がピクピクする

見つめているとダブったりぼやける

目が充血する 

色が普段と違って見える 等

体の症状

首や肩のこり・しびれ・痛み

腕や手指の疲れ・しびれ・痛み

背中や腰の疲れ・しびれ・痛み

頭痛 等

精神の症状

いらいらする

気が散る

眠れない 等

​当院で行う検査

屈折

近視・乱視・遠視の有無の強さを検査します。

​眼圧

眼の圧力に異常がないかを検査します。

​視力

遠視、近視、乱視などの屈折異常の検出と、それをレンズによって調整します。

調整力

40cmまでの距離をピントを調節し、物を見る事ができるかを検査します。

​立体視

両眼をしっかりと使って物を見ているかを検査します。

​中心フリッカー

点滅する光のちらつきを見て、目の疲れや視神経の感度を測り、視神経疾患を調べます。

​眼科診察

眼の周囲や眼球の表面から奥の中心部、周囲に異常がないかを診察します。

他院で行う検査

​握力

手指屈曲筋の粗大筋力を測定する検査します。

​眼圧

眼の圧力に異常がないかを検査します。

​整形診察

産業医が作業現場を巡視し、作業姿勢への直接助言・指導

筋骨格系に関する他覚的検査

上肢の運動機能、圧痛点等の検査

① 視診(上肢・手指の変形や筋委縮の有無等)

② 触診・打診(上肢各関節の可動性、上肢・上肢支持の各筋肉の筋力、筋圧痛・硬結等)

③ 神経学的検査(感覚検査、神経圧迫テスト、脈管系テスト、反射等)

ご予約

詳しくは下記の電話番号よりお問い合わせください。

TEL.0120-118-342

受付時間 09:00-12:00 / 15:00-18:00